« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

日曜のお昼

10月29日。

従業員がお昼のご飯に お呼ばれ 。

まあ、親戚の法事やったんですけど。

Kakitoyo120061029

お墓参りをした後、牡蠣料理の店かき豊
お食事。

Zensai20061029

これは前菜。
かなりお上品な料理でした。

Okosama20061029

こっちはお子様用のメニュー。
これも、普通に美味しそうです。

Sashimi20061029

普段は疎遠な親戚が集まって、故人を偲びつつ
しばしの歓談。

従兄弟が全員集合したのも久しぶり。
今やもう、全員が所帯持ちです。

Vw20061029

なにげに外車率が高かったです。
写真は従兄弟のフォルクスワーゲン。
ミニバンは興味ないので、よく判りませんでした。

この車の前方にわずかにホイールだけ写っているのは
オペルのワゴン車。
これも興味ないので車種不明。(笑

Smart120061029

そんな中、唯一従業員の興味を引いたのが
スマート・フォーフォー 。

エクステリア・インテリア共に、何ともオシャレ。

そして何より興味を引いたのが、
ATモード付シーケンシャルタイプ・6速トランスミッション
softouch plus(ソフタッチ プラス)
 。

むむ、これならロドスタと違って嫁も運転できるぞ。

これで天井中央部分が幌でオープン(シトロエン
2CVみたいな感じ?)に出来たりしたら、
かなりヤバイかも ・・・。

少しの時間ですがリアシートに乗せて頂きましたが、
シートの質感もブヨブヨしてなくて ばっちグー !

エンジン音も適度。

Smart220061029

これはいい。

きにいりました !

---------------------------------------------

おまけ

お墓参りに行ったお寺さんにいた いぬちゃん 。

Houjiinu120061029

檀家さん 熱烈歓迎 !

Houjiinu220061029

わんわわんわんわんわん!
わわわんわんわんわん! わわん!

(訳:ねえねえ檀家さんボクお手できるんやでぇ!
ちょっとこっち来てみ! ほらもっとこっち!
ハイお手! もいっちょお手! お手お手!!
すごいやろすごいやろ! もっとしたろか?
ちょっとこっち来てみ! ええからええから!!)

Houjiinu320061029

ウチの従業員曰く、「いぬの反応は、クールなねこと
正反対でとても面白い」とのこと。

模型雑誌購入

10月25日。

モデルグラフィックス(通称:モグラ)12月号。

Modegura20061025

モグラを買うのは久しぶり。

創刊当時は毎月購入していましたが
(フィンランド空軍特集が好きだった・・・)、
ここ何年かは買うのを控えていました。

理由は、ここ数年の記事が自分の趣味に
合わなかったことと、最近あった ある事件 に
関わった 某カーモデラー の作例を誌面に
掲載していた為。

まあ、所謂ボイコットって奴です。

しかし今月号は、表紙に釣られてフラフラと
手に取ってしまいました。

目次に件の 某カーモデラー の名前が無いのを
確認すると、そのままレジへGO!

特集内容は表紙を見れば判る通り、
" Battle of Britain (邦題:空軍大戦略) "です。

Battle_of_britain20061025

いやー、この映画大好きなんですよー。
CGじゃない、本物(厳密には違うんですが)の飛行機が
飛んでいる姿は、やっぱりいいものです。

Spitfire120061025

記事では劇中で使用された機体を模型で再現。

Spitfire220061025

「 スピットファイアは裏面が美しい 」と思う
私は変ですか? 変ですね・・・。

Kow20061025

私の尊敬するデザイナーであり、イラストレーターであり、
アルファロメオの偉い人であり、メッサーシュミットの偉い人でもある
横山宏先生 の作例記事も掲載されています。

Shibecyo120061025

そして何故か シベリア超特急(略称:シベ超) の人が・・・。
ああ、この人が邦題をつけたんですか。ナルホド。

ちゅう訳で、今月号のモグラは 買いー 。

---------------------------------------------

おまけ。

Shibecyo220061025

シベ超の”中の人”フィギュアです。

写真をパッと見たとき、フィギュアやと気づきませんでした。
そんくらいよく出来てます。

しかし・・・。
これ、欲しいか???

カテゴリー・F-200

前回と同じく、10月21日。

前回のレースでは最低地上高規定にひっかかって
車検落ちになった為、今回は新シャーシを新調しました。

P90420061021

新シャーシを導入した、ポルシェ904。

裏面の写真を撮るのを忘れてました・・・。
どこが変わったのか判らないですね。これでは。(・∀・;)

レース当日の午後から、ゴソゴソとシャーシの換装作業を
行いました。

付け焼刃でいい結果が出せるとも思っていませんでしたので、
「来年に向けてのデータ取りができたらいいや」くらいの
気持ちで作業してました。

Start220061021

ところが実際にレースをしてみたら、
このクルマが 速いのなんの !

フタを開けてみれば、 4回の予選レースはすべて1位 。

堂々の ポールポジション です!

しかーし!

肝心の決勝レースで、ゴールも見えかかった終盤で
痛 恨 の コ ー ス ア ウ ト 。

クルマのセッティングが出来ていただけに、残念。

Syousya220061021

勝者ー。TJM選手ー。

うーん。くやしー。

次回レースで雪辱を・・・と思いきや、このカテゴリーも
前回のプロトタイプと同様に、今年で終了。(´・ω・`)ションボリ

でもこのクルマ”予選レースを完全制覇した無冠のキング”は、
解体・流用等は行わず、動体保存することにしました。

つづく。

カテゴリー・プロトタイプ

10月21日。

この日はカテゴリー・プロトタイプとカテゴリー・F-200の
二本立てでした。

まずはプロトタイプから。

Start20061021

なんか、物凄い消化レース。
TAM選手の フェラーリ312Pスパイダー の圧倒的な
戦闘力の前に戦意喪失。

順位? 覚えてません・・・。

Syousya20061021

ものすごく はやい ふぇらーり 。

P917k20061021

すくーでりあ・ちょこの ポルシェ917K 。

気がつけば、かれこれ2年選手・・・?

来年のレギュレーション変更に伴い、この車は
お蔵入りとなります。

ファクトリーに多大な貢献をしてくれた1台ですので、
シャーシの分解・流用等はせず、動体保存の予定。

次回は、同21日に行われたF-200のレポです。

つづく。

ニューマテリアルモデル ∀ガンダム

Turna220061019

バンダイ製の合金トイ・・・もとい、 ニューマテリアルモデル 。
大きさ約20センチ。

”ニューマテリアルモデル”と銘打っているだけに
ダイキャストやチタン合金等が奢られ、重量感もバッチリ。

ただしお値段 8,190円(税込) ・・・。

Turna320061019

高すぎる価格とシドミードの手による斬新過ぎるデザインの為
発売当初は 全く売れず 、半額で処分されることも多かった。

しかしアニメーション作品の世界観に合致したデザインは徐々に
視聴者に受け入れられ、 一部に熱烈な信者を持つ トイとなった。

ガンダムデザインの パラダイム・シフト と言っても過言ではない。

現在ヤフオクでは、比較的安価で入手できるようだ。

Turna120061019_1

しかしこの作品の後に制作された ガンダムSEED で、
ファンは大きな落胆を感じさせられることになる。

そこにあったのは、完全な デザインの退化 であったからだ。

”∀”のもたらしたデザインのパラダイム・シフトは、
一体どこに行ってしまったのか・・・?

あー

Choco220061010

だるい・・・。

この土日は

すみません。 何もしてませんでした 。(・∀・;)

気は焦るのに、手が動かない・・・。(;´Д`)
このままやと、夏休み終了間際の小学生みたいに
なりそう。

M6ahikaku20061010

なんとなく、比較画像。

手前が現在製作中の、 オフィス・パテもり製M6A 。
奥は アメリカのフィッシャーとゆうガレージキットメーカー製のM6A 。

全然形状が違いますね。
特にリアのエンジンカウルの形状とか・・・。
ネットで当時の写真を見ると、形状の正確さは
フィッシャーに軍配が上がりそうです。

しかし! 「 おかしいやん 」と思うなかれ。

Sunocom6b20061013

この画像は1968年に来日した、マクラーレン M6B 。

(ブルース・マクラーレン率いるマンゴーイエローの
ワークスカーは来日していない。)

・・・ね!?
エンジンカウル上面が まっ平ら です!

思うにオフィス・パテもりの原型師さんの頭の中には、
当時実際に来日していたマクラーレンの形状が焼きついて
いたのではないでしょうか?

原型製作した当時収集できた資料も、おそらくは来日していた
マクラーレンの方が多かったと思われます。

ここはひとつ、「 マクラーレンにも色々あったんや 」とゆう
広い心でこの形状を受け入れることにします。

ちゅうか・・・あまり正確さを追求しすぎると、エンジン周りや
コクピット周りを作るときに自らの首をしめることに・・・。(;^ω^)

さて。
今夜こそ・・・作業を・・・。('A`)

つづく。

資料本を買ってきた

10月12日。

注文してあった本を、自宅最寄のセブンイレブンにて
受け取る。

このサービスは、あまり書店に置かれていないような
マイナーな書籍を、自宅近くで購入できるのが便利で
よく利用しています。

支払うのは書籍の代金のみで、送料等が一切発生しない
のも高ポイント。

Hon120061013_1

自宅に帰って、早速開封。

購入したのは、

日本の名レース100選 009 ’67第4回日本GP(三栄書房刊)
Cカーの時代 総集編(ニューズ出版刊)

の2冊。

どちらもカラー写真満載の良書でした。

Nihongp20061013

日本の名レース100選から。

資料的価値の高い写真が満載です。
生沢徹のインタビュー等、読み物も充実しています。

バックナンバーはこちら
表紙を見ているだけでワクワクしてきます。

Grc20061013

こちらはCカーの時代 総集編から。

こちらも美麗な写真満載です。

Slotit20061013

スロットカー(1/32スケールですが・・・)についても
触れられています。

そして大変恥ずかしい話なのですが、自分は
グループCのレギュレーションがどのようなものなのか
この本で初めて知りました。

いや、全くお恥ずかしい。

Hon220061013

既に購入していた1冊、

日本の名レース100選 005 ’68日本Can‐Am

と並べて1枚パチリ(特に意味は無いです)。

秋の夜長、このような書籍を眺めて過ごすのも
なかなかいいものです。

空エントリ

余白の美。




模型だけでは間がもたないので

おもちゃも貼ります。

Kinge120061012


海洋堂「REVOLTECH(リボルテック)」シリーズの
キングゲイナー 。

公式サイトはこちら

関節可動のキングゲイナーは、これが初の立体化?
(ガレージキットとかは知りませんが・・・。)

背景がキタナイですねぇ・・・。
模型用の塗装ブースの前で撮影しました。
簡易スタジオとか、買おうかなぁ。(;´Д`)

付属のフォトンリング。
取説が付属しないので、どう取り付けていいのか
悩みまくったのは秘密です。(苦笑

Kinge220061012

キン♪ キン♪ キングゲイナー♪

キングゲイナーといえば、やっぱりこのポーズ?

今後の展開を見ると、 ジャイアントロボ
(THE ANIMATION -地球が静止する日Ver.)とかが
ラインナップされていて、楽しみです。

Kinge320061012

夜、ビールを呑みながらガチャガチャ・・・。

うーん。おもしろい。
(いや、だから 背景 を・・・。)

バリを削れ!!

とゆう訳で、バリをバリバリと削りましょう。

この作業は、 リューター必須 。
でないと死にます。そんくらい大変・・・。

とりあえずホイールアーチあたりから削り始めましたが、

レジン、厚っ!! ∑( ̄□ ̄;)

キットは片面抜きの為レジンの厚さが不均等で、
厚い所では 5mm 位ありましたよ?(;´Д`)

手持ちのリューターの先端ビットは繊細すぎて埒があかないので、
急遽ホームセンターへGO!
バリバリ削れる先端ビットを購入しました。

M6a220061010

そして、苦労の成果。

この写真を撮影した時点で、 21グラム 。

当然ホイールアーチやコクピット、その他諸々のバリを
取り除いただけではこの重さは達成できません。

バリを取る行きがけの駄賃に、ボディ裏面を かな~り
削りこんでいます
 。

それはもう、 かな~り 。

写真撮影をした後もう少し削りこんでいますので、
現在の重量は20グラムといったところ。

内装等の追加工作でこれから先は重量が増加する一方ですので、
この段階で出来るだけ軽量化をしておきたいですね。

350canam20061010

同時進行で工作していた350カンナム。

とりあえずバリを取っただけですが、
この時点で目標のシャパラルより軽いです 。

うわー。

つづく。

新車

来年の カテゴリー・プロト1 用に、新しいマシンを仕立てましょう。

来年のプロト1はレギュレーションが変更になり、1968年以前の
車でないと出場できなくなりました。

ちなみに、今まで使っていたポルシェ917Kは完全アウトになります。

そこで68年以前の模型自動車を探す訳ですが、これがなかなか無い。
あっても、 非常に高価 ・・・。

お金も無いので、なんとか手持ちのキットからレギュレーションに
適合した車を探すことにします。

M6a120061010

画像は、 マクラーレンM6A 。

(ここで、「アレェ? フェラーリ350カンナム作るって、この前
書いてたやん!」とゆうツッコミも当然出てくるでしょうけど、
もちろんそっちもやってます。
ただキットの性格上、公のブログに書きにくいので・・・。)

これは”オフィスパテもり”とゆう、名古屋のガレージメーカーさんから
タダで頂いたものです。

画像はまだ何の処理もしていない、袋から出したまんまの状態。
バリも何も取ってません。

まず、体重測定です。

36グラム 。

・・・ 重っ!! ∑( ̄□ ̄;)

とりあえずバリを取りつつ、車重を落とすべくダイエットしましょう。
目標は、旧LS(現アリイ)製のシャパラル。

Chaparral20061010

18グラムです。軽いです。
はたしてどこまでダイエットできるのか?

つづく。

---------------------------------------------

以前、「ロドスタのローダウン後の”タバコ画像”が無い」とゆう
ご指摘を頂きましたので、ここに謹んでUPさせて頂きます。

Rodosutamae20061010

まず、前輪から。

もはやタバコの箱を立てることはできませんでした 。
タバコの箱は、寝かせて入れてます。
画像で見えてるのは、タバコの箱の底面です。
とりあえず、タバコの箱の厚み位の空間があります。

Rodosutausiro20061010

そして後輪。

同じくタバコの箱を寝かせて入れてますが、もはや
箱の底面すら満足に見えません ・・・。(・∀・;)ヤバイ?

Rodosutashita20061010

ローダウン後、作業をして下さったTJM先生に
「車検、大丈夫?」と聞いてみたところ、かえってきた返事は

「うーん。 アウト でしょうね・・・。」

まあイイか!!!(゚∀゚)カッコヨケレバ

« September 2006 | Main | November 2006 »

My Photo

サイト内検索


March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Google AdSense


PR


PRリンク


Recent Trackbacks

無料ブログはココログ