« カテゴリー・ナストラ | Main | あ゛ー・・・ »

60年代プロト・製作開始

2007年度のレース開始まで、あと1ヶ月となりました。

ボチボチ準備を始めないと、ケツに火がつきますよ?

Jyunbi20061201

でわ、レジンキットを組む準備を。

画像左奥にあるのは キムワイプ 。
化学の実験等で使用される、特別な”ティッシュペーパー”です。
理系の人には、もはや見慣れた存在。

一般のティッシュペーパーと違う所は、ゴシゴシ拭いても
紙の繊維(=ホコリ)がポロポロ出てこないこと。

洗ったハケを拭いたりするのにも重宝します。
塗装にホコリは大敵ですからねぇ。

画像左手前にあるのが、フィニッシャーズ製の 剥離剤オフ
とゆうモノ。
レジンキット表面に付着した離型剤を洗浄する液体です。

画像右にあるのが アルテコパテ 。
瞬間接着剤とパテをたして2で割ったようなモノです。

そして最後に 食品用トレー 。
下に敷いてあるお盆です。

Hakurizai20061201

まずは 剥離剤オフ なんですが・・・。

「 揮発するの、早っ!! 」

前述の公式サイトでは「ティシッシュで拭くだけで」とか書いてありますが、
ティシッシュにつけてレジンボディを拭く頃には、 完全に揮発しています 。

試しにハケにつけてレジンボディをジャブジャブやってみたんですが、
拭き取る間もなく見る見る揮発していきます。

ナニコレ?? シクロヘキサンか何か???

自分はレジンキットを抜いたことが無いので離型剤がどんなものなのか
よく知らないんですが、たぶんシリコン(固体)を溶剤に溶かしたものだと
思います。

型から抜いた後は、溶剤分が揮発して、レジンキットの表面にシリコンが
残留します。
このシリコンが、塗装する際に塗膜に悪さをする訳で。

いくらジャブジャブやっても溶剤分がすぐに揮発して拭き取れないんじゃ、
離型剤(=シリコン落とし)の意味がありません。

これ買う位なら、もう少し揮発の遅い、少し強めの溶剤・・・例えば
キシレン (有名な”トルエン”によく似た構造を持つ溶剤で、トルエンより
少し分子量が大きいので揮発が遅い)とか・・・。
そおゆう溶剤を買った方がいいですね。

結局レジンキットの表面処理は、全体をペーパーがけした後
中性洗剤(台所洗剤)をつけた歯ブラシでゴシゴシしました。

剥離剤オフ、意味ねーじゃん!ヽ(`Д´)ノゴルァ

とゆう訳でフィニッシャーズの剥離剤オフ、 星1つ !

次回は アルテコパテ編 とゆうことで。
つづく。

« カテゴリー・ナストラ | Main | あ゛ー・・・ »

スロットレーシング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65469/12891695

Listed below are links to weblogs that reference 60年代プロト・製作開始:

« カテゴリー・ナストラ | Main | あ゛ー・・・ »

My Photo

サイト内検索


March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Google AdSense


PR


PRリンク


Recent Trackbacks

無料ブログはココログ