« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007

復習、大阪泉佐野SPEC

8月26日。

05

CBRのメンバーと共に、大阪泉佐野にある1/32サーキット
SPEC」さんにお邪魔してきました。

01

当日参加したのは、
11PM選手
CTのY選手
MSワークス選手
OTOUTO選手
TJM選手・・・

そして私、従業員の6名。

手前のチビっこは、このお店専属のマーシャルさん?

ちゅうかこのマーシャルさん、クルマ走らせたら速い速い。(笑

02

レース風景。

1/32やと、ものすごく広く感じます。
四日市のラビットで走らせてるみたいです。

03

ピット風景・・・を撮影しようと思ったら、トイレから出てきた
11PM選手がすかさずフレーム・イン。

ホントーに、写りたがりですねぇー。

04

以上。

楽しく遊べました。

でも次は、もっとちゃんと走るクルマを準備しなくちゃだなー。

とりあえずこのコース上でバンプロ製1/32シャーシを使いつつ、
どこまで1/24ライクな走りが可能か研究したいと思います。

ノーマグ+スポンジタイヤにすれば、結構イケるんじゃないかと
思ってるんですが・・・。

まあ、今後の課題ってことで。

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行in太地 その9

8月7日。最終回。

Syuransen220070807

遊覧船よさようなら。

昼飯にはちょうどいい時間です。

Takehara20070807

目星をつけていたお店に行ってみる。

画像は「竹原」さん。
駅前の大通りに面したお店です。

店内に入ると 満員御礼状態 ・・・。

待っている時間も無いので、他の店に行くことに。

Tobayama120070807

こちらのお店は「鳥羽山」さん。
路地に入った、ちょっとわかりにくい場所かも。

空いていたのでお店に入る。

注文するのは マグロの刺身一択 !!

Tsashimi20070807

( ゚д゚)ポカーン

(( ;゚д゚))アワワワワ

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク

・・・ でかいです 。

特盛牛丼のような器に、見たことのないような
巨大な刺身が載っています。

お値段は \1,800- ちょっとやったと思います。

値段相応のボリュームはあったので、納得。
大阪で食うと、いくら位するんやろ・・・。

Tkai20070807

これは、貝セット。

サザエ×1、ヒメ貝(って教えてもらった)×1、
あとアワビ(って言われたけど、トコブシのような気もする)×2
・・・とゆう内容。

お値段は 時価 。

でも、後で計算してみたら \1,000- 位?
そんなに時価にビビる必要はないみたいです。

Tsumiso20070807

これは初めて食べました。

マグロの胃袋 。

ボイルしたものに酢味噌をかけて頂きます。

なかなか美味。
ちゅうか従業員は酢味噌スキーなので、ホタルイカでも
生センマイでも、酢味噌がかかっていればみんな好きなんですが。

これが \600- ちょっと位。

これらを肴に、瓶ビールをちびちびとやります。

帰りが電車やと、きがねなく酒が飲めていいですね。

Tobayama220070807

店を出てお隣さんを見ると、同じ名前の 魚屋さん でした。

魚屋さんがやってるお店やったんか・・・と納得。

Ashiyu20070807

帰りの電車に乗るまで、勝浦駅前の 足湯 に浸かりました。

嗚呼、旅の疲れがとれる。

・・・とゆう訳で、すくーでりあ・ちょこの夏の慰安旅行は終了。

今度は夏以外に、温泉メインで行きたいなー。

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行in太地 その8

8月7日。つづき。

Syuransen120070807

飯時までにはまだ時間があったので、遊覧船に乗ってみました。

紀の松島めぐり だそうです。

何故、"紀の松島"と呼ばれるか?・・・についてはコチラを参照。

Snakanosima20070807

出航後、勝浦の2大温泉旅館の船着場に寄って
お客さんを乗せます。

画像は、ホテル中の島。
勝浦湾内にある離れ小島にある旅館です。

車で来たお客さんはどうするんやろ・・・?

よけいなお世話ですね。

Surashima20070807

こっちは、ホテル浦島。

Ssora20070807

天気がよくて、本当によかった・・・。

Stoudai20070807

小さな灯台が多いです。
勝浦湾はいりくんでいるのに漁船の出入りが多いからでしょうか?

でも、レーダー?とかあるんとちゃうの???

Skinomatsushima120070807

このへんが、紀の松島の中心みたい。

ズームを使うと、カメラのショボさが際立ちます・・・。orz

Skinomatsushima220070807

この2つの島(岩?)の間を遊覧船が通り抜けます。

事前知識がなかったので、スゲエびっくりしました・・・。

遊覧船の経路は、コチラを参照。

Skinomatsushima320070807

島の間を通り抜けた直後に撮影した洞窟部分。

波に侵食されてできた洞窟が非常に多いです。

Sboukidou20070807

そんな洞窟の中の1つには、温泉が湧いています。

有名な、ホテル浦島の 忘帰洞 です。

おもいっきり外海に面しているんですが・・・。
台風が来たりしたらどうするんでしょうか?

Srakuda20070807

写真やと判りにくいけど、ラクダ岩。

ラクダに見えなくもない。

このラクダ岩の向こう側にも温泉が湧いているんですが、
こんなとこどうやって行くの?

Staiji20070807

紀の松島をひとまわりしたら、船は太地の港に寄港。

太地側からは切符買えないのかな?

これが可能なら、「太地に宿泊→昼飯食いに勝浦へ」が
できるのに・・・。

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行in太地 その7

8月7日。

Hakucyosyoku20070807

最後の朝飯・・・。

もう帰るのか。

Taijiumi20070807

さらば、太地の海よ。

帰りは電車。
JR紀伊勝浦発なので、太地駅から勝浦駅に向かいます。

Taijinb20070807

太地駅前で見かけたNB。

ちなみに後ろにいるのは バキュームカー 。
そういえば、最近見ないなぁ。

Gyokou20070807

勝浦といえば、温泉地。

と同時に、マグロ漁港としても有名です。
画像は、漁港の風景。

Onsengai20070807

漁港の向こうには、温泉旅館が林立しておりました。

Maguro20070807

さびれた商店街を歩いていて、ふと止められた軽トラの
荷台を見ると・・・。

こんなのが無造作に転がっているのが、いかにも漁港っぽい。

この新鮮そうなマグロを見たら、猛烈にマグロが食いたくなってきました。

マグロ・・・まぐろ・・・鮪・・・。

でも、昼ご飯どきまでにはまだ時間があるぞ?
どうする???

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行in太地 その6

8月6日。まだつづき。

白鯨で食事の後、そのまま部屋に戻って 海水浴 の準備。
浮き輪ふくらませたり、とか。

Kaisuiyoku320070806

海です。

今年は結構お客さんが多くて、プライベート・ビーチとは
いきませんでしたねぇ・・・。

Kaisuiyoku120070806

とりあえず 輪ーファー の従業員は、浮き輪で海に入ります。

水が冷たい ・・・。(ノД`)

プカプカ浮いてるだけでも、体力を奪われる感じ。
外はカンカン照りやのに、何で水は冷たいのん???

Kaisuiyoku220070806

あー、広いなー。

Ksyomen20070806

ひと泳ぎしたら(泳いでないけど)、この日最後のシャチの
ショーを観るために再びくじら博物館に。

Kyugata120070806

ひっそりとした桟橋の上で、トレーナーさんとイルカ・クジラ達との
トレーニングは続いていました。

Kyugata220070806

じー 。

見つめ合うふたり。

Ksaisyu120070806

この日最後のショー開始。

Ksaisyu220070806_2

ジャンプ。
いい写真が撮れました。

Ksaisyu320070806

おっさん噛んだろかー!(浜村淳風)

Ksaisyu420070806

納得した。

バイバイ。
また来年?

Hakuyusyoku120070806

白鯨に帰って夕食。

2日目の夕食は、いつもボリュームがあるなぁ。(;´ω`)
サイドメニューの注文はせず。

Hakuyusyoku220070806

でもミニはりはり鍋があるからいいや。

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行in太地 その5

8月6日。つづき。

早飯を済ませて、再度くじら博物館に入場。
入場料950円(割引券使用)で1日中出入り自由とは、
なんと太っ腹。

シャチのショーが終わると場内放送が。

どうやら 夏休み限定の特別ショー があるとのこと。

急いで、ショーの舞台となる自然プールの桟橋へ。

Kstaff20070806

トレーナーさん達が打ち合わせ中。

Ktokubetsu20070806

たくさんのイルカ・クジラによる、特別ショーのはじまりです。

Ksanbashi20070806

こんな感じで、桟橋の上をキープ。
割と、特等席かも。

Kirukaup20070806

イルカ急接近。
ここでイルカが一言。

「何について調べますか?」

Kokigondou20070806

あまり言うことを聞かないオキゴンドウくん。

Kkobire120070806

トレーナーさんの真後ろから撮影することができました。
画像はコビレゴンドウくん。

・・・とまあ、楽しいショーが展開された訳ですが。

観るのに夢中になって、 全然写真を撮ってませんでした 。(・∀・;)

Kshippo20070806

そんなこんなで、ショー終了。

2回目のショーも観よう!・・・と思ったのですが、
この特別ショーは1日1回やそうです。(´・ω・`)

Krensyu20070806

ショーの後も、トレーナーさん達とイルカ・クジラ達の
トレーニングが続きます。

こんなシーンが間近で観られるのが、太地のいいところ。

Ksyurui20070806

ショーに出演したイルカ・クジラの解説パネルがありました。

Hakucyusyoku120070806

早飯してお腹がすいたので、宿泊地の白鯨まで帰って
お昼にしました。

メニューは夕食とかぶると悲しいので、オムライス。

Hakucyusyoku220070806

オーシャンビューで食べるオムライスの味は格別?

以下、おまけ。

Ochiai20070806

白鯨に昼飯を食いにいく途中で見かけた看板。

落合博満野球記念館 ・・・。

これから先太地に来ることはあっても、ここには
永遠に行くことは無いでしょう・・・。

空エントリ

余白の美。




予習、大阪泉佐野SPEC

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行記の途中ですが、
近々CBRのメンバーが大阪泉佐野に新しくできた
1/32スケールのスロットカーサーキット「SPEC」さんに
お邪魔するとのことですので、慰安旅行前にウチの
従業員が一人で行ってきたときの模様を急遽お伝えします。

7月29日。

日曜の夕方頃にお店にお邪魔しました。

このとき店内で走行させているひとは誰もいませんでしたが、
土曜の定例レースでは 2~3ヒート制のレースをする程 の
活況を呈するそうです。

この時間帯は穴場?

Circuit20070729

店内を見回すと、まず大きなサーキットが目に
飛び込んできます。

広いです 。

床面積はCBRのクラブサーキットと同等か少し広い位と
思うんですが、走行するクルマのスケールが違うせいでしょうか。
すごく広く感じます。

Lapcounter20070729

ラップカウンター。
あんまり見ないタイプ・・・。
DSカウンターって言うんですか?

Showcase20070729

これはショーケース。
RTRの1/32スケールの各社スロットカーが並んでいます。

ヒストリックカーは少なめ?

Charge20070729

料金表。

15分300円。
1時間1000円。
2時間2000円(1ドリンク付き)。

え? ドリンク ???

Drink20070729

これが問題の「ドリンク」。

アルコールもありました。
運転代行の案内もありましたので、店内は 飲食可 ?

Gundam20070729

そして、何故か GUNDAM 。

店長さんの趣味で置いているそうです・・・。

Rentacar20070729

早速、走行させてみましょう。

初めてのコースとゆうことで、店長さんが無料で
レンタカーを貸して下さいました。

Controller20070729

これはレンタルのコントローラー。

Controllerup20070729

中を覗いてみると25オームでした。

Connector20070729

自前の15オームコントローラーを持参していたんですが、
コネクターがステレオプラグに対応していなかった為
使用できませんでした・・・。

Cashier20070729

15分走行は、コース下にあるキャッシャーに300円入れます。

1時間・2時間走行は、画像下にある鍵を操作して
走りっぱにしてくれるそうです。

走らせた感想・・・。

久々のマグネット付きのクルマのせいか、ギクシャクします。

すんげぇブレーキが効く ・・・。

コントローラーのトリガーを戻すと、クルマがピタっと止まります。
なんか、HO走らせてるみたいな感触。

ちゅうか、コントローラーのトリガーが 重い ・・・。

握力つきそう・・・。
その前に、 指にマメができそう ・・・。

上の画像にあるように、赤・黒・白の3本コネクターはあります。

マイコントローラーを持って行く人は、このコネクターに
対応したタイプを用意しましょう。

Ownercar20070729

最後に店長さんのクルマなど。

レッドデビルシャーシです。
ボディはNINCOのモスラー・・・と思います。

Digitalcontroller20070729

そして店長さんのコントローラー。

デジタルコントローラー!
スゲエ! 生まれて初めて実物見た !!!

・・・では皆さん、行ってらっしゃい。

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行in太地 その4

8月6日。

Hakucyousyoku20070806

朝飯食って、くじら博物館にGO!

Ksyachi220070806

今日も 満員御礼 。

Ksyachi120070806

「こんぬつわ」

Ksyachi320070806

飼育21年目のナミちゃんが、せっせとジャンプします。

Ksyachi420070806

ドバー 。

特に目新しい演目はありませんが(正直、毎年同じ)、
こんなもんでいいんですよ。

毎年こんな感じで、長生きしてほしいですね。>ナミちゃん

Kiruka120070806

こっちはイルカのショー。
アシカは体調不良のためショーは無し。

Kiruka220070806

イルカ飛びすぎ 。(笑
予想外のハイジャンプに、危うくカメラから逃がすところでした。

Khireiruka120070806

これは、前回はいなかった 腹ビレのあるイルカ 。

Khireiruka220070806

写真には収められませんでしたが、確かに腹ビレがありました。

Khireiruka320070806

しかしここは以前、トドのプールやったはず・・・。

トドはどこ?
ひょっとして、ドナドナ???

Kcyusyoku120070806

11時過ぎのショーに備えて、ちょっと早飯。

午前中からビール。(笑

Kcyusyoku220070806

さいこー  。

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行in太地 その3

8月5日。まだつづき。

コペンはJR紀伊勝浦駅で午後6時までに返せばいいので
まだ時間があります。

そこで今年も 那智の滝 を観に行くことに。
従業員の嫁の強い要望もありまして・・・。

それに、あんまり変なとこ行って6時までに帰ってこれなかった・・・
ってのもイヤやし。

Nathi120070805

着きました。

Nathicopen20070805

今年も去年と同じ位置に駐車できました・・・。

Nathi220070805

滝です。
いつ観てもスゲー。

Nathispec20070805

滝のスペック表・・・。

勝浦で無事コペンを返却し、電車に乗って太地へ。

Hakugei20070805

宿泊地に到着。
この白い建物を見ると、「あー、今年も来たんやなー」と
感じます。

この瞬間が、 幸せ絶頂 かもしれません。

Hakuyusyoku20070805

腹が減ったので、一風呂浴びたらすぐ飯に。

今日は食事の量が適度なので、なにかサイドメニューを
注文してみましょう。

Hakumanu120070805

サイドメニューはこんな感じ。

Hakutatsuta20070805

くじらの竜田揚げ を注文してみました。
量が少なめなのは、食べはじめてから写真を撮ったから・・・。

食いかけで申し訳ない。

Hakumenu220070805

サイドメニューにはこんなものも・・・。

尾の身 です。

高い・・・。
美味しいんでしょうか???

Hakuhashi20070805

ごちそうさまでした。

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行in太地 その2

8月5日。つづき。

電車でJR紀伊田辺駅まで出た後、レンタカーのコペンに乗って
一路JR那智勝浦駅(ここでレンタカーを返すから)へ。

で、途中どっかで昼ご飯を食べないとイカン訳ですが。

一応、下調べしてあったお店へ。

Mankou20070805

JR串本駅近くにある海鮮料理のお店「萬口」さんに。

「萬口」と書いて、 まんこう と読みます。

ちなみにカタカナで書いてみましょう。

マンコー 。

「どやねんこの名前」と思わされますが、串本界隈では
カツオ茶漬け とゆう料理で有名なお店です。

駐車場完備(お店の真向かい)なので、安心して車で行きましょう。

車を止めて、早速お店に入ります。
お品書きにはたくさんメニューが載っていますが、ここはやっぱり
カツオ茶漬けでしょう。

カツオ茶漬けが出てくるまで店内を見回してましたが、
著名人の色紙がびっしりと貼られています。

Manshikishi20070805

うお! 夢枕獏先生 ! Σ (゚Д゚;)

Mancyaduke120070805

出てきました。
これが カツオ茶漬け 。

でも、どうやって食べる???

店のおばちゃんが「おひつのご飯を半分ほど茶碗に入れてください」
と教えてくれたんですが。

このおばちゃんが、なかなかの 鳥頭 で。

そこまで説明した後、他のお客さんに料理出しにいって、
そのまま 放置プレイ 。

嫁が「もう適当に食っちゃおうぜ」とゆうので、ちょっとだけご飯を
茶碗に入れて、タレに漬け込まれたカツオの刺身をご飯にのせて、
お茶をかけて食しました。

これでイイの???

その後、鳥頭のおばちゃんが隣のお客さんに食べ方を説明し始めたので
聞き耳をたてる。

Mancyaduke220070805

まずご飯の上にカツオをのせて、上からきざみ海苔をまぶす。
そしてカツオを漬け込んであったタレを、その上からかけて頂く。

カツオは勿論、 このタレが美味い !

このタレだけで、ご飯3杯はいけそうです!

Mancyaduke320070805

これをたいらげたあと、残ったご飯を茶碗に入れ、カツオときざみ海苔、
そして少量のタレをかけたのち、お茶をかけて頂く!!

さっきの濃厚な味とは違い、さっぱりしている。
これも美味。

Hashikui120070805

食後、近所の 橋杭岩 を見物。

Hashikinen20070805

ここで、ちょっと記念撮影・・・。 

すくーでりあ・ちょこ慰安旅行in太地 その1

8月5日。

目的地は、去年と同じ 和歌山県・太地 です。

でも今年は、去年とちょっと違うところもあります。

Kuroshio20070805

なんと 電車 !

ロードスターの出番が無い !!!

Kurohamidashi20070805

とりあえず、電車に乗ります。
電車が長すぎて、ホームからはみ出てる・・・。
こんな光景、はじめて見ました。

しかし、これでいいのか!?

「すくーでりあ・ちょこ」の名が泣くぞ!?!?

Copenmae20070805

じゃーん 。

そこで今年は、レンタカーを借りてみました。
電車の切符+レンタカーとゆう、所謂 Fきっぷ です。

借りた車は ダイハツ・コペン 。

Copenushiro20070805

後ろから・・・。

Copensyakou20070805

車高は低め。
少なくとも、一般の人には・・・。

レンタカー屋さんが、「お客さんが擦りまくって困る。」と
嘆いておりました。

普段ミニバンとかに乗ってる人がこの手の車に乗るときの
お作法 を知らないのは、まあ当然かも知れません。

しかし日常の車が、 車検をパスするかどうか判らない くらい
車高を下げたロドスタに乗っている従業員にはノープロブレム。

Copeninpane220070805_2

まず座って見えるのが、メーター周り。
スピードメーターは140km/hまで刻まれています。

タコメーターは、レッドゾーンが8500回転から。
そんなに回るんや・・・。

運転して感じたのが、 アイポイントの高さ 。

車高が低いのに、座面が高いんです。

あとステアリングを切ったときに、自分を軸にしてクルンと
回転する感覚が無い・・・。

シートの位置が重心より遠くにあるようには見えませんでしたが、
これが「FFとFRの差」なのでしょうか?
自分にはよく判りませんでした・・・。

Copeninpane120070805_2

シフト周り。

4速オートマチック、MTモード付きです。

MTモードは・・・、微妙・・・。

自分で何速に入れているのか判らなくなる時があるし(ちなみに
何速かは、スピードメーターの下にあるディスプレイに表示されます)、
シフトダウン・シフトアップするタイミングも判らない・・・。

まあ、これは「慣れ」なんでしょう。
何回転あたりが美味しいところ・・・ってのが把握できれば、
それなりに楽しいのかも。

ちなみに自分は、途中でめんどくさくなって ずっと「D」 で
走っていました・・・。

そのせいか、自分のコペンに対する印象は 足回りを固めた
ワゴンR
 でした。

ロードスターと比較すると、スポーツカーテイストは
かなり薄めやと思います。

Copennavi20070805

カーナビ。

あれこれ触ってみましたが、面白いですねぇ。
電話番号で目的地が検索できたり・・・。

でも「ロードスターに欲しいか?」って聞かれたら、
「そうでもない」って答えますね。

ロードスターの 軽さ と引き換えにする程の物でもないかと。

なんせ 高価 ですしね・・・。
と、「酸っぱい葡萄理論」を展開したりして。

Copennimotsu120070805

トランク内は、手さげバッグ3個入れるのが限界っぽいです。

「こんなにトランク広いのに、何で!?」と思われるかもしれませんが、

Copennimotsu220070805

トランクの空きスペースには、屋根が収納されるのです。

もちろんクローズド限定なら、普通にトランクとして使用できます。

これはなんだ!?

7月某日。

いつものクラブサーキットにて。

いつものようにテーブルの上にピットを広げようとしたら・・・

Aruhiho20070721

テーブルの上が、HOのサーキットになっていました・・・。

さて 。

8月5日からすくーでりあ・ちょこは、
恒例の 慰安旅行 に行ってまいります!

目的地は、去年と同じ。

でもそれやとあまりにも芸が無いので、今回は
ちょっとした小ネタ・・・しかも ちょっと寂しい 小ネタを
用意してみました。

7日に帰ってきますので、更新はそれ以降に。

ぼちぼちいきます・・・。

そいではノシ

今何時?

Nanzidesuka20070726

読めませーん。

あっちを直せば、こっちが壊れる・・・。

ヒストリックカーにありがちな、
モグラ叩きが始まりました。

うーん。
NA6CEって、もうヒストリックカーなんやなぁ・・・。

« July 2007 | Main | September 2007 »

My Photo

サイト内検索


March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Google AdSense


PR


PRリンク


Recent Trackbacks

無料ブログはココログ