« 来期の新シャーシ | Main | 一泊二日のカニツアー その2 »

一泊二日のカニツアー その1

12月1日。

Kurumaiki20071201

今回もロドスタ君の出番は無く(トホホ・・・)、
他の人の車に乗せて頂きました。

普段ドライバーシートに座っていることがほとんどなので、
後部座席からの目線が新鮮です。

目的地は・・・アレ?
ど こ や っ た っ け ? (・∀・;)

とにかくこの時点では、「日本海側にある温泉旅館で
カニのフルコースを食べる」とゆうことしか知りませんでした。

Tancyusyajo20071201

寂しい山道を走ること数時間。
突然、 車がいっぱい駐車されているお店 に出くわしました。

ナンバープレートから、各方面からお客さんが来ているお店なのが
判りました。

Tanzentai20071201

実はここが、この日の昼食をとるお店でした。

お店の名前は 但熊(たんくま) さん。

このお店の名物は・・・、

Tanmenu120071201_2

卵かけごはん定食 って・・・。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

このお店は「先にレジで注文を済ませてレシートを貰い、
そのレシートに書かれた番号を呼ばれるまで待つ」とゆう
システムです。

待ち時間は40~50分位 って・・・。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

しかも、次から次へとお客さんが来るよ!
みんなそんなに卵かけごはんが食いたいのか!?∑( ̄□ ̄;)

Tanyuzu120071201

番号が呼ばれるまで、お店の隣にある地場野菜直売所で
時間をつぶします。

Tanyuzu220071201

生産者の名前が書かれてありました。ヘぇー。

Tanyasai20071201

中に入ると、濃厚な野菜の匂い。

うーん、 嫁の実家と同じ匂い だ。(笑
(嫁の実家は農家なんです。)

Tanjinenjyo20071201_3

立派な自然薯。
折らないように、丁寧に掘られてます。
また、折れないように自然薯は棒に固定されていました。

Tankonnyaku20071201_2

何故かこんにゃくです。
「とーちゃんは こんにゃくやだ!」

Tansyoyu20071201

そして 醤油 。
卵かけごはんが名物なだけあって、これらは全て
卵かけごはん専用 です。

そうこうしているうちに、食事の順番がまわってきました。

つづく。

« 来期の新シャーシ | Main | 一泊二日のカニツアー その2 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

おおっ、評判のお店ですね。
一度行ってみなくてはと思いつつ
まだ行けてません。
玉子かけご飯に40〜50分待ちかぁ・・・

ここ、有名なお店なんですか?
自分は全然知らなかったんですが

>玉子かけご飯に40〜50分待ちかぁ・・・

ねー!思いますよねぇー

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65469/17272494

Listed below are links to weblogs that reference 一泊二日のカニツアー その1:

« 来期の新シャーシ | Main | 一泊二日のカニツアー その2 »

My Photo

サイト内検索


March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Google AdSense


PR


PRリンク


Recent Trackbacks

無料ブログはココログ